先生

歯を白く

歯を白くさせるためにはさまざまな方法があります

相手と話をする時、自分の歯が気になることはありませんか。白い歯は、清潔感や爽やかな印象を持ちます。歯に関するコンプレックスには歯並びの他に、黄ばみがあります。日頃から歯磨きをしていても、なかなか白い歯を維持するのは難しいものです。黄ばみの原因には、コーヒーや紅茶、ワイン、コーラなどの飲み物があります。また、カレーやキムチ、チョコレートのような色の濃いもの、特に合成着色料が入っている食べ物も同様です。喫煙者にとって、黄ばみは避けられない悩みかもしれません。歯を白くさせるホワイトニングは、歯科で行うオフィスホワイトニングや、自宅で行うホームホワイトニングがあります。ホワイトニング以外にもラミネートベニアと呼ばれる人工の歯を使用して白くする方法があります。

自分に合ったホワイトニングを選びましょう

オフィスホワイトニングは、歯科医師により短時間で黄ばんだ歯を、ピンポイントで白くすることができます。一度の施術で白さを実感できて、半年ほど白さが継続します。ホームホワイトニングは歯科でマウスピースを作成し、処方してもらったホワイトニング剤を注入して、二時間ほど装着します。薬剤は薬局などでは市販されておらず、海外製のものが多くあります。薬剤によってはしみたり、痛みを感じる物があるので、しっかり選定してもらいましょう。白くなるまでには一週間から二週間は掛かりますが、オフィスホワイトニングよりも効果が持続するのが特徴です。どちらの施術も継続的にケアをしないと色が後戻りします。クラウンやラミネートベニアのように歯を削る施術ではないので、健康な状態を維持させながら綺麗な歯を目指しましょう。